薄毛の原因について

1.ストレス

薄毛の原因としてストレスが一番多いと認可されています。ストレスは自律神経を乱して

血行不良を起こします。

発毛に必要な栄養は血液によって運ばれるため、血行が悪いと薄毛の原因になってしまうのです。

ストレス状態であることが原因で頭皮の血管まで収縮し、発毛に必要な栄養が行き渡らなくなるの

です。ですが、貯まってしまったストレスを早めに解消することで、無理なく続けられる程度の運

動を週に2~3日、20分だけでも構いません。

2.食生活の乱れ

薄毛の原因として次に多いといわれているのが、食生活の乱れなです。

一人暮らしだったり多忙だと、つい手軽なファストフードで食事を済ませてしまいます。

外食が多い人は、肉類の食事が多くなっています。このような脂質が多く栄養が偏った食事が続く

と、血中の脂肪が増えて血管の質を低下させ、ドロドロ血が作られてしまうのです。

そうなってしまうと髪の毛にも栄養が届きにくくなります。 さらに、増えた皮脂が頭皮の毛穴を塞

いで弱くハリのない髪の毛しか生えてこなくなってしまいます。

これは、食生活の見直しをすることで、ある程度よくなります。

タンパク質、脂質、炭水化物のバランスが食事を意識して、野菜も積極的にとることで必要な栄養が摂れます。

どうしても難しい場合はサプリメントを活用してください。

3.不規則な生活習慣

睡眠時間は薄毛と大きく関係しているのです。 夜10時から深夜2時の約4時間は、成長ホルモンの

分泌が活発になる時間です。

そのため、この時間帯に起きていると薄毛が進行してしまうというわけです。

夜10時に就寝は難しいと思うので、遅くとも深夜0時には寝ている状態にしてみてください。

そうすれば、2時間は成長ホルモンの分泌のために確保できます。

ハリのある髪の毛のためにも、決まった時間に寝て十分な睡眠時間をとるようにしましょう。

4.男性ホルモン/遺伝

薄毛の原因として大きな要因と考えられているのが、男性ホルモンです。

テストステロンという誰でもが持っている男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素とくっつくこ

とで、 ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに変化します。

このDHTが抜け毛を促進したり育毛を阻害したりと、薄毛の根本の原因となっているそうです。

そして、男性ホルモンの量や活動の活発は、遺伝による影響を受けます。